ホテル外観
MERIDA
RESIDENCE & SPA

ユカタン半島の州都としてメキシコ国内で最も富が集中し、大都会として繁栄した歴史を持つMERIDA(メリダ)。
現在でも植民地時代のベル・エポック様式の建物や洗練されたボヘミアン・エレガンスの魅力と賑やかな活気に包まれています。

MERIDAの中心部、サンタルチア広場からすぐの場所に位置するCoqui Coqui MERIDAは、ベル・エポック様式の1930年代のタウンハウスの中にあり、スイートルームやスパ、カフェ&サロン、フレグランスなどのブティックが併設されています。高品質でタイムレスな魅力を持つユカタン半島の伝統的な工芸品や、最高級のカカオや蜂蜜などの選りすぐりのグルメアイテム、至福のスパ体験などが、旧市街の建物に太陽が映える美しさから「ホワイトシティ」と呼ばれた、贅沢で豪奢な時代へと連れて行ってくれます。

レジデンスでは、プールが併設されたプライベートテラス、アンティークの家具やゴールドがアクセントになった細部にまでこだわったインテリア、フレンチバスタブ、建物内の複雑な模様のタイルの床などがエレガントな空間を作り上げており、華やかな歴史とデカダンスな魅力を持つMERIDAの街の魅力を体感していただけます。


洗練された、豊かでエレガントな魅力を持つ「TOBACCO」の香りは、Coqui Coqui MERIDAのシグネチャー。
ユカタン半島の州都でもあるMERIDAの喧騒から離れて、美しい自然の中で、最上級のスパ体験をしていただけます。